家計の問題が家計診断で明らかに!家庭のお金運用術

家計診断がポイント!~家計を上手に回していくために~

家計の問題が家計診断で明らかに!家庭のお金運用術

財布

家計の問題点を知ろう

それぞれの家計では、家族構成、家族の年齢、将来のライフプランなどが異なります。生活するための収入も生活費も異なるでしょう。収入の範囲内で今の生活と将来の生活が賄えるのがベストで、できないなら問題があると言えます。家計診断でそうした問題を明らかにしていく必要があるでしょう。

問題に合わせた節約方法

毎月かかる電気代、ガス代、電話代などを節約するとき、無駄があるかどうかを検証してみましょう。さらには、複数の提供会社があるなら、安くなるプランを選択すれば節約できる可能性があります。我慢をすることなく、生活に無理のない方法でないと続けられません。

タイプ別の貯蓄方法

収入の全てを生活費に使うのは良くありません。将来に必要なお金のために貯蓄を行います。老後などかなり先に使うためのお金は、多少リスクがある方法でも良いでしょう。教育費やすぐに使う予定のためのものは、預金や債券など元本が大きく下がらない方法をとります。

賢くやりくりする方法

同じモノやサービスを利用するとき、より安くなる方法を選択できるようにします。日頃から情報収集に努めるようにします。公的なサービスの中には、民間だと有料になるサービスなどが無料や割安で利用できる可能性があります。こちらの情報収集も必要です。

ファイナンシャルプランナーと解決策を探す

家族の将来的なお金を管理するには、素人では難しいかもしれません。そこでファイナンシャルプランナーに相談をしてみましょう。保険や住宅ローン、貯蓄の方法などで解決策を見つけてくれるでしょう。

一般家庭の出費ランキング

no.1

住宅ローンなどの居住費

賃貸なら賃料があり、購入しているなら住宅ローンや共益費があります。一戸建てだと気づきにくいですが、将来の修繕のための費用なども必要で、それなりに積み立てる必要があります。

no.2

生命保険や火災保険などの保険料

それぞれの家計にはリスクがあります。リスクに応じてうまく保険を利用しなければいけません。生命保険などは年齢によって保障を下げるなどの工夫をすれば、出費を抑えられるようになります。

no.3

子供がいるなら教育関係費用

公立ならかからないと感じますが、授業料以外にかかるかもしれません。塾や習い事などもあります。大学進学となると大きなお金が必要になるので、早めに少しずつ貯蓄するのが良いとされています。